家畜ふん尿は適正に処理しましょう

Q2  家畜ふん尿を「産業廃棄物」として処理したら、どうでしょうか?
A2 「産業廃棄物」としての処理は、処理コストが高く、環境への負荷の高い処理方法です。 有機質資源としての「堆きゅう肥」化することが、環境にやさしい循環型社会(リサイクル)を推進します。
 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」では、家畜ふん尿は「産業廃棄物」として指定されています。
 しかしながら、家畜ふん尿を堆きゅう肥の原料(有価物)としてリサイクルすれば、産業廃棄物でなく有機質資源として、環境にやさしい、資源循環型の農業を推進できます。

家畜ふん尿
(最終処分)
焼却処分等
産業廃棄物
(処理費用)
コスト高
(環境への影響)
環境への負荷大
(リサイクル)
堆きゅう肥
有機質資源
低コスト環境にやさしい


 家畜ふん尿を適正に処理し、有機質肥料や土壌改良資材として「堆きゅう肥」や「液肥」としてリサイクルし、環境にやさしい農業の推進を支援しています。
 また、堆きゅう肥や液肥の利用を促進するため、良質堆きゅう肥等の生産を行いましょう。
 自己の飼料畑への施用だけでなく、耕種農家と連携を図り、リサイクルに努めましょう。



戻る

目次へ

次へ