1.五島地域
 五島における肉用牛は、農家経済及び土地条件等から農業の基幹作物と位置づけられ振興が図られている。 昭和45年に5,000戸を超えた飼養戸数は昭和60年には1,550戸、平成11年には 530戸に減少し、 飼養頭数は昭和60年には10,000頭の規模を保っていたが、その後高齢化の進展とともに平成9年には7,200頭まで減少したが、 各種振興施策に取り組み、規模拡大の努力が図られ、現在、増頭に転じている。 飼料作物作付面積は昭和60年1,657haから平成11年には1,312haに減少している。 今後は肉用牛飼養農家の維持拡大と自給飼料生産の安定確保が課題である。
 1.里地区飼料生産組織(南松浦郡三井楽町)
 2.個人受託事業(南松浦郡三井楽町)
 3.JAごとう山内支所(南松浦郡岐宿町)
 4.JAごとう玉之浦支所(南松浦郡玉之浦町)

 2.壱岐地域
 壱岐における肉用牛は、米、葉たばこと併せて農業の基幹作目となっている。 肉用牛飼養動向は昭和60年飼養戸数2,550戸から平成11年1,510戸に減少し、 飼養頭数は昭和60年13,400頭から平成4年まではやや増加傾向は見られたが、 その後2,000頭余り減少し、平成12年には11,500頭となっている。
 飼料作物の作付面積は、平成元年1,788haから平成11年1,463haに減少しており、水田での作付面積の減少が大きい。 今後21世紀圃場整備の完成とともに自給飼料生産供給システム構築が課題である。
 1.箱崎北部共同農機利用組合(壱岐郡芦辺町)

 3.平戸地域
 平戸地域は肉用牛、水稲を基幹作目に施設園芸を取り入れた農業振興が図られている。 肉用牛は昭和60年の飼養頭数7,350頭から平成12年には5,810頭に減少し、 飼料作物作付面積は昭和60年の571haから平成12年に424haに減少し高齢化、兼業化が進んでいる。 今後は中山間地域総合整備事業等による生産基盤の整備と転作田の利用による飼料基盤の拡充と遊休農地や林野、里山を利用した放牧経営の展開が課題である。
 1.JAいきつき自給的料生産支援組織(北松浦郡生月町)
 2.平戸市牧草乾燥生産利用組合(平戸市)


ホーム