自給飼料生産支援組織活動事例
 JAいきつき自給飼料生産支援組織(北松浦郡生月町)

1.地域の概況
生月町の総土地面積1,656haのうち耕地面積は415haで、耕地率は25.1%(県13.4%)。 農家は、専業農家が少なく水産業との兼業が大部分。
肉用牛は全て黒毛和種で、肥育牛の飼養戸数1戸はJAいきつきフイードロットである。
飼養戸数は152戸、10年間で小規模層を中心に約100戸減少。
飼養頭数は、平成10年まで維持してきた1,000頭台を、11年以降は割り込み、平成12年には888頭となった。
飼料作物作付面積は81.5ha、イタリアンライグラス、ソルガム、テオシント、えん麦等である。草地はシバ型草地80haを放牧形態で利用している。

(1)生月町の耕地面積及び農家の状況(平成10年)
耕 地 面 積(ha)1戸当たり
平均耕地面積(a)
農家戸数(戸)農家人口
(人)
樹園地専業農家専業農家
279
(67.2%)
136
(32.8%)
0
(0%)
415
(100%)
9236
(8.0%)
413
(92.0%)
449
(100%)
2,071

(2)生月町の農業租生産額(平成10年)
 (百万円)(千円)
いも類野菜工芸
作物
畜  産農業粗
生産額
1戸当たり
生産農業所得
10a当たり
生産農業所得
肉用牛
166274601901900043132535

(3)生月町の家畜飼養戸数及び頭羽数(平成12年4月1日現在:畜産課調べ)
肉用牛乳用牛採卵鶏肉用鶏
戸数頭数繁殖雌
18ケ月以上
戸数頭数繁殖雌
18ケ月以上
戸数頭数繁殖雌
8ケ月以上
戸数羽数戸数羽数
1521,0195280000000000

(4)生月町の肉用牛飼養戸数及び頭数の堆移
 飼養戸数(戸)飼養戸数(頭)
繁 殖肥 育
繁殖肥育繁殖牛子牛肉専用種乳用種
S 50.4.141704179312931,224  00  0
S 55.4.135403548282721,100  00  0
S 60.4.130413058084361,244 300 30
H 2.4.125812598144711,285 320 22
H 7.4.119111928872371,1241350135
H 10.4.117211738242991,1231330133
H 11.4.11591160589333 9221300130
H 12.4.11511152545343 8881310131

2.組織の概要
設立時期 昭和59年度(旧山田農協が畜産総合対策事業で牧草乾燥施設を整備)
平成2年度(旧生月町農協が畜産総合対策事業で牧草乾燥施設を整備)
正組合員数632名(平成2当時)

3.取り組みの概要
【1】動 機
(1) 乾草調製時期が梅雨期にかかり日照時間も少ないことから、イタリアンライグラスの乾草調製が難しい地域である。
(2) 乾草を安く大量に調整することを目的に、昭和59年度に旧山田農協が事業主体となり、牧草乾燥施設を整備し、 農協和牛部会の活動として共同作業によるイタリアンライグラス乾草作りに取り組む。
(3) 昭和62年度には、農協有の反転集草機(テッターレーキ)の有償貸出や農協職員をオペレーターとする請負作業を開始。
(4) 平成2年度には、旧生月町農協でも同様の乾燥施設を整備し、乾草生産体制が仝町的な取り組みに発展。
【2】牧草乾燥施設の内容及び利用法
事業名:昭和59年度飼料生産利用効率化事業(事業主体:旧山田農協)
事業内容:
乾燥施設 1式35,407,000円
梱包機 1台
事業名:平成2年度飼料生産利用効率化事業(事業主体:旧生月町農協)
事業内容:
乾燥施設 1式 41,699,000円45,952,900円
梱包機 1台 2,039,400円
ボブキヤットローデー 1台 2,214,500円
利用方法:
(1)牧草乾燥施設を利用する農家は、牧草(イタリアンライグラス主体)の刈り取り日、面積、電話番号を農協へ連絡する。
(2)農協は、利用申込農家のうち6〜7戸を1作業班として編成すると共に、施設への搬入日を通知する。
旧生月町農協施設では、2〜3戸を1作業班とする場合もある。
1回の作業量(施設の処理能力)は、1ha分あるが、1戸1回当たりの処理量は、 利用農家の機会均等と効率的な作業人員の確保を図るため、約15a分(軽トラック5台分)としている。
(3)搬入された牧草の乾燥室への出し入れ作業については、各農家から1戸当たり2名以上が出役し共同作業する。
施設は、5月中旬〜6月中旬の約1ケ月間に集中して稼動している。
【3】作業体系(フロー図) 

【4】利用料金
   乾草1kg当たりの利用料金:20円(町助成;8円、実際の農家負担料金;12円)
【5】施設の利用状況 
旧山田農協牧草転燥施設旧生月町農協牧草乾燥施設
年度乾 草
生産量
梱包
個数
利用
戸数
農家
戸数
利用率年度乾 草
生産量
梱包
個数
利用
戸数
農家
戸数
利用率
941.0t3,728個29戸73戸40%927.5t2,754個23戸108戸21%
1036.6 3,325  24  69  35  1026.3 2,636  23  108  21  
1133.1 3,007  17  66  26  1118.5 1,854  15  103  15  
1240.5 3,680  20  61  33  1212.9 1,290  16  91  18  


4.問題点
(1)飼養戸数及び頭数の減少と共に乾燥施設の利用農家戸数及び梱包個数が減少している。
要因として、農家の高齢化が進んでおり、乾燥施設内での共同作業が難しくなっている。
(2)農協では、高齢農家等の飼料収穫作業の請負い業務や飼料収穫用機械の貸し出し、 さらに、火力乾燥施設を利用しない農家に村しては、圃場内でのロールベール作業を請負う等、 良質粗飼料のコスト生産に努力しているがオペレーター不足となっている。
(3)共同利用の稲ワラ等粗飼料の貯蔵施設や大型乾燥ハウスの設置が必要。

(参考)
農協有飼料収穫機の貸出料金
 オペレーター付き機械貸出のみ
反転集草機自 走 式 500円(1回)
トラクター用2,000円(10a)    
ロールベーラー・ヘイベーラー200円(1梱包)


戻る