自給飼料生産支援組織活動事例
  個人受託事業(南松浦郡三井楽町浜ノ畔)

1.取り組みの概要
(1)動 機
平成10年、町内の肉用牛飼養農家から飼料作物の作業の委託、要請が高まり、 町の畜産振興と高齢化、女性化対策として飼料作物の耕起・乾草調製作業を 請負うとともに自家生産の乾草販売も取り組んでいる。

(2)飼料生産受託作業と面積
受託作業(乾草作業、刈取、反転、集草、梱包)
  10年度実績 11年度実績 12年度実績
イタリアンライグラス乾草   15ha   17ha   15ha
ローズグラス乾草152321
麦わら乾草 2 0 0
稲わら乾草 2 0 0
野草乾草 0   1.5 0
34 41.536
乾草作業地目、田10%(水田圃場面積10〜20a)、畑90%
圃場の分散……移動時間が槻ね片道15分程度

(3)本人の飼料作物作付面積(乾草販売用)
イタリアンライグラス150a  刈取回数  1回
ローズグラス(越冬)150a  2回

(4)乾草収穫期間(天日乾燥)と収量
イタリアンライグラス4日間 40梱/10a
ローズグラス3日間 40梱/10a
乾草1梱包当り18〜20kg

(5)機械施設
トラクター 2台(45ps、75ps) 6,000千円
ヘイベーラー1台2,950千円
ベールワゴン1台745千円
テッタレーキ1台483千円
モーアコンデイショナー1台2,257千円
マニュアスプレッダ1台1,244千円
ライムソワー1台231千円

(6)受託作業料金
飼料作付4,000円/10a(耕起、播種、鎮圧)
乾草梱包165円/1梱包
乾草運澱(収納)60円/1梱包
乾草販売600円/1梱包

2.問題点
(1)受託作業地の点在と分散、水田圃場面積の狭小
(2)飼料作物栽培方法の統一と品種の統一
(3)刈り取り時期の設定と農家との作業調整


戻る