自給飼料生産支援組織活動事例
  里地区飼料生産組合(南松浦郡三井楽町浜ノ畔)

1.地域の概況
 三井楽町の農家戸数は215戸内肉用牛飼養戸数は77戸、繁殖雌牛(18ケ月令以上)683頭、1戸平均規模は8.9頭である。 飼料作物作付面積は、水田26.81ha、畑253.13ha、「夏作」青刈とうもろこし0.3ha、テオシント9.85ha、ソルゴー64.15ha、 ローズクラス64.43ha、「冬作」えん麦41.41ha、イタリアンライグラス71.10ha、その他28.70haである。

2.組織の概要
(1)設立時期 平成5年
(2)構成メンバー11名 平均年齢62歳(年齢43〜92歳)
代表者 馬場 甚一郎
  受託作業乾草調製作業(刈取、反転、梱包)

3.取り組みの概要
(1)取り組みの動機と経過
 平成5年に飼料生産組合を設立し、組合員の自給飼料生産コストの低減に取り組んでいるが、 町内の飼養農家の高齢化と女性化の進展に伴い組合員外からの作業の委託要請が高まり、 町の畜産振興施策と併せて飼料作物の受託作業にも取り組んでいる。

(2)飼料生産面積
 イタリアンライグラス16.0ha、ソルゴー15.0ha、野草1.8ha、えん麦7.0ha、ローズグラス8.0ha、計47.8ha

(3)飼料作物受託面積……16ha(乾草調製:刈取から梱包まで)
  イタリアンライグラス:6ha、稲わら:1ha、ローズグラス:8ha、野草:1ha

(4)機械施設
  トラクター:2台 モアー:1台 テッターレーキ1台 ヘイベーラー:1台

4.受託作業料金
  刈り取りから梱包までのみ:160円/1梱包

5.今後の課題
  ・乾草調製作業は天候に左右され、労働力調整の負担が大きい。
  ・受託量が年々増大し、機械の集中利用により機械の故障が多い。
  ・圃場面積は広いが、受託圃場が分散しているため作業能率が悪い。
  ・乾草の恒常的な生産を図るためラッピングマシンが必要。


戻る