富江町 I氏

●経営の概要

経 営 形 態肉用牛繁殖+麦
労 働 力女1人
家畜飼養頭数経産牛  7頭
育成牛  1頭
経 営 面 積普通畑 400a(麦120a、陸稲30a
      (ソルゴー30a、イタリアン50a
放牧地 212a
放牧地面積212a
うち暖地型牧草 150aうち寒地型牧草 62a
・バヒアグラス・イタリアンライグラス

●放牧を行うに至った経緯

・肉用牛の飼養管理が他品目と労力競合するのを避けるため、また省力化や生産コストの
 低減を図るため畜舎周囲の農地を放牧地として造成し、放牧技術の導入を行った。
・平成8年度の山地畜産事業による。
電牧柵一式 864,000
 電牧機(ソーラー一式):1/ポスト:154本/グラファイポール:320本
 ピッグテールポール:50本/ワイヤー:3200m  等

●放牧の実施状況

放牧草地の場所畜舎周辺に隣接
草 種バヒアグラス(ペンサコラ)
イタリアンライグラス(ワセユタカ)
面 積バヒアグラス150a イタリアンライグラス62a
草地の造成
方法・管理
時 期平成8年初秋にイタリアン、オーチャード、トールフェスクの
寒地型牧草を播種(初年度のみ)
平成9年6月にバヒアを播種(夏バヒア+冬イタリアン放牧型)
播種量イタリアン、オーチャード、トールフェスク各2kg/10a
バヒア6kg/10a
イタリアン単播3kg/10a
施肥管理雑草抑制のため基肥はほとんどせず追肥で調整
放牧方法牧区の区分外柵は電気牧柵の2段張り(ガラガー社)。
内柵は簡易移動牧柵(ガラガー社)で約1週間分だけを区分。
放牧牛分娩牛以外の子付き、妊娠牛、育成牛をすべて昼夜放牧。
放牧期間と
輪換放牧
・目安として約1週間程度でローテーション。
(実際は草勢をみながら判断)
・子付き牛は運動場から移動できる草地を利用。
・妊娠牛はその他の周辺草地を利用
放牧衛生バイチコールの準備をしているが、ダニの発生はなく使用し
ていない。
給水施設畑地灌漑用のパイプを利用。給水には風呂釜等の廃材を利用
補助飼料基本的に放牧期間は給与しない。

●放牧の導入効果

・放牧牛の1日数回の観察は必要になるが、日常の飼養管理(特に除糞作業、給餌作業)がかなり軽減された。その分育成牛や子牛への管理、観察に手がかけられる。
・放牧牛は運動、日光浴が十分にでき健康であるし、以前の舎飼いの時よりも牛がゆったりしているように見える。
・冬場のイタリアン放牧によって通年放牧が可能(イタリアンは牧区を小さめに区切らないと過肥につながる)。

●今後の計画

・放牧をすることで女性1人でも10数頭まで飼えるような余力ができるため、徐々に頭数を増やしていきたい。



戻る

次へ